資金計画書を
作ろう

資金計画を作ろう

家を買う時には物件代金だけではなく、税金や手数料などの諸費用が必要になります。

物件を探す前にまずは全体の資金を把握して購入できる物件価格を算定することが大切です。
また総額だけではなく、毎月の住宅ローン返済額を見ていくことも必要です。

諸費用については、一般的に新築の場合で3〜7%、中古住宅の場合で6〜10% 程度と言われていますが、実際に生活できる状態になるまでには、もう少しかかるようです。

それでは具体的な例で資金計画を見てみましょう。
 例) 物件価格:3000 万円( 建物1500 万円( 税込み)、土地1500 万円) の建売住宅
  住宅ローン:3000 万円、 35 年元利均等払い( ボーナス併用払い無し)
諸費用の項目 金額(概算) 内容
◎住宅購入
・契約書印紙代 1万円 売買契約書に貼る印紙税
・建物表題登記 10万円 登記用建物図面等の作成・登記
・登録免許税 20万円 不動産の保存・名義変更の税金
・司法書士手数料 15万円 登記手数料
・固定資産税精算金 8万円 決済日を境にした税金の負担額
・仲介手数料 100万円 物件価格の3%+6万円+消費税
・火災保険料 10万円 木造住宅火災10年、地震なし
小計 164万円
◎住宅ローンの利用
・契約書印紙代 2万円 金銭消費賃借計約に貼る印紙税
・保証料 69万円 保証会社に支払う保証料
・銀行手数料 3万円 銀行の取り扱い手数料
・登録免許税 3万円 抵当権設定
・ローン代行手数料 10万円 不動産会社の手数料
小計 87万円
◎物件引渡し後
・引っ越し費用 20万円 引っ越し、ネット工事等
・家具・家電・雑貨 60万円 カーテン、テーブル、エアコン等
小計 80万円
諸費用合計 331万円
物件価格 3,000万円
総合計 3,331万円
資金内訳 現金 331万円
借入れ 3,000万円
毎月の返済額 85,000円 / 月 金利1%で計算
必要年収 408万円 支払額が年収の25%として
固定資産税 14万円 / 年 3年間は一部税金が減額されます
弊社の仲介手数料無料サービス
※上記金額の中、黄色で網掛けした部分につきましては、弊社の場合条件によって減額又は 0 円になる部分です。詳細はご相談下さい。

いかがですか? 思ったより諸費用がかかるというのが実感かもしれません。
弊社の仲介手数料無料サービス「0円仲介」をご利用いただければ、引っ越し費用や家具・家電等、購入費用がほぼ賄えますのでご活用ください。